めなりが老眼とスマホ老眼の改善にいい理由

さくらの森 めなり

「めなり」には「老眼」や「スマホ老眼」を改善するための、目にいい様々な成分が配合されています。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、紫外線を吸収して体内に侵入するのを防いでくる効果があります。

ビルベリーは、ブルーベリーに比べアントシアニンの含有量が5倍もあり、吸収率は203%高く、持続力は2.5倍もあるのです。
そんなビルベリーを、「めなり」は業界トップクラスの量を配合しました。

「ルテイン」と「ゼアキサンチン」は緑黄色野菜に多く含まれている成分で、「天然のサングラス」ともいわれています。
紫外線やブルーライトのダメージを防いでくれるので、スマホ老眼改善にも有効です。

また、「めなり」ではマリーゴールドから精製した純粋なルテインを100%使用しています。
さらに、「ルテイン」と「ゼアキサンチン」の配合割合を、米国で4000人以上を対象にした「ARED2」という試験で有効性が最も高かった「5:1」の割合で配合ししました。

さくらの森 めなり

「アスタキサンチン」は、ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用がある成分です。
活性酸などからのダメージから目を守るのでスマホ老眼や老眼だけではなく、生活習慣病や老化予防にも有効です。

「クロセチン」はクチナシの花に含まれている、抗酸化力のある天然のカロテノイドです。分子が小さいので、吸収が早いのが特徴です。
クロセチンとアスタキサンチンを配合したことで、相乗効果を発揮し、血流を改善効果や、目の周りの筋肉をほぐして、

ピントを調節する筋肉の緊張を和らげるだけではなく、首や肩などの全身の筋肉のコリを緩和します。
「めなり」には他にも、亜鉛酵母、銅酵母、ビタミンB2、ビタミンB12、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなど健康を保つうえで必要な栄養素をたっぷりと配合しました。
目の健康だけではなく、身体全体の健康のことも考えられているのです。


めなり